給与が安い|仕事を辞めたい人へ!失敗しない会社の辞め方

スポンサードリンク

給与が少ないので辞める

給与が少ない場合

給与が少ないことを理由に退職する人の場合。事前計画が必須になります。
転職して給与UPを狙う場合には転職する会社・業種・職種・必要資格・経験を考慮しなければなりません。その結果、今までやっていた仕事とは全く別の道を選ぶ必要が場合もあるでしょう。ですが、最初は誰でも素人です。何事もチャレンジしなければ始まりません!転職を成功させる為には下記を参考に事前計画をしっかりと立てましょう。

 

転職先の業界と職種

転職先企業の業界

転職で給与アップを狙った時に転職先の業界とあなたの業種は大きなポイントになります。
例えばあなたがどんなに能力のある人だとしても、不景気な業界で働いていて、同じ業界への転職では給与アップは望めません。自分にはどんな能力があるのか、別の業界へ転職した場合にそれをどう活かせるのかを考えることが必要です。
給与アップを狙った転職では将来的に伸びる業界、または平均給与が高い業界を選ぶことが給与アップには欠かせない条件の1つと言えます。

 

あなたの職種

あなたの職種によっても給与アップが狙えるか狙えないかが変わってきます。
例えば営業職や技術職であれば転職することで給与アップを目指すことが出来るでしょう。それは営業であればインセンティブの有無、技術職であれば規模のより大きな企業への転職に成功すれば給与アップの可能性が高いと言えます。
しかし、事務職、接客など特別な能力を必要としない職業での転職では給与アップを目指すことは難しいかもしれません。例え未経験の職種への転職だったとしても、経験を積むことで将来的な給与アップを目指すことが出来るのであればチャレンジする価値は十分にあります。

 

あなたの経験

即戦力である事

あなたが企業の即戦力となれるのであれば転職して給与UPの可能性があるかもしれません。即戦力というのは営業、開発、技術どんな分野でも構いませんが、差別化された知識と能力を有していることが必須条件です。
企業が利益を出すために即戦力となれる人材は喉から手が出るほど欲しいものです。転職先に即戦力である事を伝える為に前職での実績と転職先の企業に入社したらどんなことが出来るのかを伝えることが必要です。
ただし、あなたが20代、30代で将来的な給与UPを狙っての転職であれば即戦力ではなくてもOKだと思います。40代、50代、結婚して子供が生まれいざお金が必要になった時に高い給与を得られるように計画的に仕事を選択することが必要です。

 

企業に必要な資格の有無

企業にとって必要な資格を持っていれば給与UPの可能性があります。
一般的に転職に有利になる資格としてはファイナンシャルプランナー、宅地建物取引主任者、公認会計士、日商簿記、中小企業診断士など。
どんな業界どんな企業への転職を希望しているのかによって有利になる資格が違います。また、未経験の仕事をするにしても事前に資格を取っておくことは就職活動、将来的なキャリア設計に非常にプラスです。今の会社を辞める前から計画的に資格の取得を目指しましょう。

 

転職回数と離職期間

一般的に転職回数と年収は比例すると言われます。日本社会において転職は何度も何度もするものではありません。今までに転職をしたことがある人は再度転職することによって給与アップを狙うことは難しいかもしれません。逆に転職した経験がない人、転職回数が少ない人にとっては転職することで給与アップを狙うチャンスがあると言えるでしょう。
また、前職を退職してからの離職期間が長いことは転職活動においてマイナスです。その場合給与アップは難しいかもしれません。転職で給与アップを狙うのであれば退職してからなるべく間を置かずに新しい会社へと転職することが必要になってきます。

 

 

上記の様に、給与の問題で転職を考える場合には今の職種でいいのか、今の業界は今後も伸びる業界なのかも含め、新たな資格取得・新たな業界へのチャレンジなどなど自分自身のキャリア形成を十分に考えて計画・行動することが必要になると言えるでしょう。

 

退職理由 << PREV | NEXT >> 時間が無い

スポンサードリンク

給与が安い|仕事を辞めたい人へ!失敗しない会社の辞め方

退職理由
残業・休日出勤が多い
人間関係が悪い