労働契約法|仕事を辞めたい人へ!失敗しない会社の辞め方

スポンサードリンク

労働契約法

労働契約法は労働基準法違反などの判例法理を法律として整理して明らかにすることによって、労使間のトラブルを未然に防止することを目的に制定された法律で、平成20年3月1日に施行されました。

 

労働契約法は過去の判例法理を整理したものですので、法律ができたことによって労働者になにか影響があるわけではありません。しかし、法律として根拠が示されたことになりますから、労働者側から見ると会社の法律違反を指摘しやすくなるのです。

 

しかし、判例法理を整理した法律といった性質上、労働契約法違反をしたからといって労働基準法違反の様な罰則はありませんし、労働基準監督署による指導等もありません。

 

労働契約法の一例

  1. 給与を払う人は使用者、給与をもらう人は労働者と定義されており労働法が適用されますが、

    ボランティアには労働法は適用されません。

  2.  

  3. 会社は労働者が安全に働けるよう配慮する義務があります。

    会社または業務の安全性に疑問がある場合は会社に伝えるようにしましょう。

  4.  

  5. 会社は労働者の不利になるように勝手に労働契約を変更してはいけません。

    給与カット、就業時間、休暇などについての変更には労働者の同意が必要になります。

  6.  

  7. 社員や会社には一定の権利が与えられていますが、その権利を濫用してはいけません。

    例えば、解雇(リストラ)、配置転換、懲戒処分などは相応の理由なしに無条件に行使することはできません。

スポンサードリンク

労働契約法|仕事を辞めたい人へ!失敗しない会社の辞め方

労働基準法と退職
就業規則と退職