失業保険 金額|後悔しない失業保険の受取り方

スポンサードリンク

失業保険 金額

失業保険によって受け取ることができる金額(給付額)は様々な条件によって変わり人によって違います。
給付額は「賃金日額」が基準となります。「賃金日額」とは「退職前の6カ月間の給与÷180日」です。

 

賃金日額 = 退職前の6カ月間の給与 ÷ 180日

 

失業保険の計算における退職前の6カ月間の給与には『ボーナスは含まず、残業代や手当ては含む』ので注意が必要です。

 

この賃金日額を以下の年齢別の表に当てはめることで失業保険の給付額を確認することが出来ます。
年齢は「30歳未満、30〜44歳、45〜59歳、60〜64歳、65歳以上」の5つに分類されており、それぞれの年齢ごとに「日額手当の支給額の範囲、給付率、種別A〜E」を確認することが出来ます。種別A〜Eによって日額手当の計算方法が変わってきます。
給付額は賃金日額が高い人ほど給付率が低く、賃金日額が低い人ほど給付率が高くなっており、低所得者ほど相対的に手厚いサポートが受けられる仕組みになっています。

 

離職時の年齢が30歳未満

賃金日額 日額手当 給付率 種別
2,320〜4,639円 1,856〜3,711円 80%
4,640〜11,740円 3,712〜5,870円 50〜80%
11,741〜12,880円 5,870〜6440円 50%
12,881円以上 6,440円(上限) 50%以下

離職時の年齢が30〜44歳

賃金日額 日額手当 給付率 種別
2,320〜4,639円 1,856〜3,711円 80%
4,640〜11,740円 3,712〜5,870円 50〜80%
11,741〜14,310円 5,870〜7,155円 50%
14,311円以上 7,155円(上限) 50%以下

離職時の年齢が45〜59歳

賃金日額 日額手当 給付率 種別
2,320〜4,639円 1,856〜3,711円 80%
4,640〜11,740円 3,712〜5,870円 50〜80%
11,741〜15,740円 5,870〜7,870円 50%
15,740円以上 7,870円(上限) 50%以下

離職時の年齢が60〜64歳

賃金日額 日額手当 給付率 種別
2,320〜4,639円 1,856〜3,711円 80%
4,640〜10,570円 3,712〜4,756円 45〜80%
10,571〜15,020円 4,756〜6,759円 45%
15,021円以上 6,759円(上限) 45%以下

離職時の年齢が65歳以上

賃金日額 日額手当 給付率 種別
2,320〜4,639円 1,856〜3,711円 80%
4,640〜11,740円 3,712〜5,870円 50〜80%
11,741〜12,880円 5,870〜6440円 50%
12,881円以上 6,440円(上限) 50%以下

 

以上の表で賃金日額と年齢を使うことで「日額手当の支給額の範囲、給付率、種別」を調べることができます。
次に実際に受け取ることができる日額手当を算出する計算式を種別毎に記述します。

 

種別A

日額手当 = 0.8 × 賃金日額

 

種別B

日額手当 = ((−3 × 賃金日額 × 賃金日額) + (70,720× 賃金日額)) ÷ 71,000

 

種別C

日額手当 = 0.5 × 賃金日額

 

種別D

日額手当 = 年齢別の固定値

 

種別E

日額手当1か2のいずれか低いほうの金額

  • 日額手当1 = ((−7 × 賃金日額 × 賃金日額) + (127,360× 賃金日額)) ÷ 118,600
  • 日額手当2 = (0.05 × 賃金日額) + 4,228

 

以上の計算で求めた給付額を受取ることができる給付日数は基本的には勤続年数が「1〜9年は90日間、10〜19年は120日間、20年以上は150日間」が上限です。
給付日数については次のページで詳しく解説します。

スポンサードリンク

失業保険 金額|後悔しない失業保険の受取り方

失業保険とは
失業保険 必要書類
失業保険 受給手続き
失業保険 期間