メリット・デメリット|仕事を辞めたい人へ!失敗しない会社の辞め方

スポンサードリンク

転職のメリット・デメリット

ここまで退職理由について確認してきました。どんな理由で会社を辞めるにしても『いいことばかりではない』ということが分かったかと思いますが、再度会社を辞めた場合のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

 

メリット

給与、残業、人間関係などの悩みを解決できる可能性がある。

これに関しては前のページで解説した通りです。給与が安い、残業・休日出勤が多い、人間関係が悪いといった今の職場での悩みについては退職、転職することで解決できる可能性があります。

新しい事にチャレンジできる。

退職、転職することで今までとは違った新しいことにチャレンジすることができます。新しい業種・職種にチャレンジすることも、新たなキャリアを積むこともあなた次第です。

時間の余裕ができる。

仕事が忙しくて時間がなかった人でも退職することで時間の余裕が生まれます。新しいことにチャレンジするにしてもどのような人生を歩みたいのか、失敗しない為に次はどんな仕事を選ぶのか、しっかり計画を立てて行動するようにしましょう。

デメリット

転職することで新たな悩みが出てくる可能性がある。

前のページで解説した通り、転職することで全く悩みが無くなることはありません。給与は高くなったが時間がない。残業は減ったが通勤に時間がかかる。というように今までにはなかった新たな問題が出てくる可能性があります。転職することで良いことも悪いこともあるでしょうが、今までと比べて総合的に良くなることを目指すことが大切です。

今まで会社でのキャリアを捨てることになる。

会社を辞めると言うことはその会社で築いた地位や立場などのキャリアを捨てることになります。新たな転職先で今までと同じような地位が確保される保証はありません。今までの会社で培った経験を活かせるような会社に転職できればいいですが、全ての人がそうはいかないでしょう。

仕事を辞めることで収入が途絶える。

収入が無くなってしまうというのが最大のデメリットかもしれません。現代社会において収入がないというのは非常に大きな問題です。ただし、サラリーマンの方には雇用保険(失業保険)というものがあり、会社を辞めた後の数ヶ月間の生活費を補助してもらえるシステムがあります。(失業保険を受取る為にはいくつかの条件がありますので事前に確認しておいた方が良いでしょう。>>失業保険

退職金、企業年金が不利になる

会社を辞める場合、長く勤めればもらえたはずの退職金がもらえなかったり、少なくなってしまうなどのデメリットがあります。各企業によって規定があるはずですので事前に確認することをおすすめします。

 

NEXT >> 転職市場の現状

スポンサードリンク

メリット・デメリット|仕事を辞めたい人へ!失敗しない会社の辞め方

転職市場の現状
新卒の離職率