損をしない仕事の辞め方|仕事を辞めたい人へ!失敗しない会社の辞め方

スポンサードリンク

損をしない仕事の辞め方

損をしない為に注意すべきポイントを4つあげました。

 

有給休暇を消化する

有給休暇は会社員に認められた権利です。しっかりと使ってから辞めましょう。
続きを読む

 

ボーナスを貰って辞める

ボーナスは原則として算定期間の勤務成績などによって支給額が決まりますので支給対象になります。
ボーナス前に退職願を出したとしても支給日に在籍していればボーナスを貰えると考えられます。
続きを読む

 

休日の多い月に辞める

各月毎の祝日は下記のようになっています。
1月(元日、成人の日)、2月(建国記念日)、3月(春分の日)、4月(昭和の日)、5月(憲法記念日、みどりの日、こどもの日)、6月なし、7月(海の日)、9月(敬老の日、国民の祝日、秋分の日)、10月(体育の日)、11月(文化の日、勤労感謝の日)、12月(天皇誕生日)
さらに12月、1月の年末年始、8月にはお盆休みがあります。給与が月給で働いている方は月毎の勤務日数が違うのに、毎月同じ給与という事になります。
それであれば休日が多く、勤務日数が少ない月に辞めた方がちょっとお得な気がします。勤務日数で見ると退職のおすすめは5月!!ゴールデンウィークがあって勤務日数が少ない上、翌月の6月は1年間で唯一祝日がない月だからです。

 

あなたは1ヶ月間休みなく働いて辞めますか?
それとも1ヶ月間の大半を休んで(いつもと同じ給与を貰って)辞めますか?

 

 

失業保険をしっかりもらう

失業保険とは労働者守る為に政府が運営する保険の制度です。
期間中は様々な条件により数十万円を受け取ることができ、次の目的で成り立っています。

  1. 失業者が失業中の生活を心配せずに新しい仕事を探すことに専念できます。
  2. 1日も早く再就職する為の就職活動に大切な資金になります。

この失業保険を受取る為には様々な条件があり、受取ることができる金額も人によって異なります。
続きを読む

スポンサードリンク

損をしない仕事の辞め方|仕事を辞めたい人へ!失敗しない会社の辞め方

仕事を辞めるタイミング
退職時の有休消化
退職とボーナス
月末退職と月中退職